本文へスキップ

NPOこころえは『心の教育』を広め、人生の豊かさを自らの手で創り出す人を増やすコミュニティです。

〒421-3103 静岡県静岡市清水区由比

心の教育者・セラピストご紹介THERAPIST

奈美さん


屋号
ヒーラー 奈美
東京都


連絡先:URL等



インタビュー音声


 

Q 主にどんな人向けに活動しているのですか?


奈美 二つあるんですが、サロンに来ていただく一般のお客様だと、“自分が変わりたい人”ということになるんですけど、現実的な問題となると家族問題がある方。
旦那との関係とか、子供の引きこもりとか、受験で親と子供の間に亀裂が入ったとか、そんな家族の問題で悩んでいる人。
家族の世話ばかりしていて自分が疲れてしまって「このままの人生でいいのか」「なんか私自分がない、どうしたらいいんだろう」と悩んでいる人ですね。

原子 もう一つは?

奈美 もう一つはセラピスト向けで、勉強も終わってセラピストのスキルを持っていて、でもお金をもらってやり始めるのに一歩踏み出せない方。
お金をもらう罪悪感だったり、自分に価値があるのかどうかが分からない人。
あとはやっているけど、自分が本当に影響を与えているのかが不安な人。

原子 一般のお客様向けだと主にやることはコーチングですか?

奈美 カウンセリングをしながら最後はコーチングですね。ヒーリング的なトークもあります、三つの要素が入っていますね。
カウンセリングをして、何が本当に嫌なのか、どんな感情が隠れているのかをカウンセリングで見つけていきます。
ネガティブな悲しみとか怒りがものすごく強ければ、まずヒーリングして例えば手を置いてハンドヒーリングをしたり目をつぶって誘導瞑想をしたり、ヒーリングの方法をして、強い悲しみとか怒りがあるならまず癒してあげます。

原子 ヒーリングというのを掴めていない方も多いと思うんですが、ヒーリングって何ですかと聞かれたらいつもどんな説明をしていますか?

奈美 私のヒーリングはほとんどの場合感情を癒すということをやっているので、悲しみとか怒りとかたまっている感情を解放してあげることですね。

原子 先ほどハンドヒーリングと言っていましたが、感情が溜まっている場所に手をあてることで解放していくということですか

奈美 そうですね。そしてヒーリングをした後で、はじめて前向きなその人のこれからどうしていきたいかが見えてくるので、それをコーチングで引き出してあげて、おうちに帰ってできるようなレベルまで細分化して、できるレベルまで一緒に考えながらその人が本当に変わるためにできることを引き出していきます。

原子 なるほど。ヒーリングとカウンセリングからコーチングまで、3つのスキルを使ってやっていくんですね。


Q 奈美さんならではのサービスってどんなものですか?

奈美 気づきを自分の暮らしに活かせるということかな。
ヒーリングって気持ちよかった、癒されました、楽になって心が軽くなった、で終わるけど心が軽くなっても心が変わってないとまた同じ問題が出てくるんですよ。
ヒーリングだけだとクイックマッサージと一緒ですよね。だからヒーリングを自分で習ったりしない限りは、楽になっても日常のパターンでまた同じことに戻ってしまうことがある。
コーチングだと行動が変わります。行動が変わると長い目で見て人生が変わるので、楽になるだけでなく、楽になったら「これからどうしたいの?」というところまでやるので、本当に変われますね。

原子 ヒーリング、カウンセリング、コーチングをやっているからこそ、行動まで変わるサポートなんですね。逆にコーチングだけだと、楽になるというのがないから変容が難しいとかあるんですか?

奈美 コーチングって心にあまりフォーカスしていないから、左脳的で理論的なアプローチですね。
「今できることは何ですか?」「目標をやるためにどういうことが必要ですか?」「そのために今日できることは何ですか?今週できることは何ですか?」「次までに何やりますか?」・・・
感情や感覚などの、心を確認する作業が少ないんですね。

原子 なるほど。

奈美 でも例えば自分の心の中に悲しみとか怒りがあると、目的を実現したいとか思えないんですよね。
コーチングはそういうネガティブなものがないのが前提で始まるので、そういうネガティブな悩みがある人はそこにいけないんですよね。私が対象としている人はそういう悩みがある人です。

原子 では家族関係が一番悩みとして大きいけど、そこの奥にあるのは自分自身の癒されていないものがあるということですかね。

奈美 家族の幸せに依存しているんですね。自分が幸せになっていないと、家族も幸せにできないんですけど、自分を犠牲にして夫や子供の人生を生きちゃうという人ですね。
自己価値が低いということです。自分の存在意義が分からないと、他人の世話をして良いことをしている実感を得ようとする。
ヒーリング、カウンセリング、コーチングの過程で、自分のために他人の世話をしたかったんだと気づくんです。
「自分は何をしたかったんだろう?」「自分は何者なんだろう?」そして、親と過去に何があったのか?そういうところまでやりますね。

原子 すごい深いところから、現実的な行動を変えていくところまでサポートしているんですね。

奈美 そうですね。ヒーリングセッションって1回いくらとかなんですけど、コーチング的に3ヶ月のセッションでやっていきます。この深いものって1回だとできないからですね。
質問され慣れていないクライアントさんとか、自分の心を見つめるのが難しいので、時間が必要なんです。

Q セラピスト向けにはどういうことをしていますか?

奈美 セラピスト向けのコーチングは、何かのスクールを卒業してスキルを身に着けたけど、働き方が分からない、ビジネスが分からないという人って、ビジネスとか起業という言葉を恐れているんですよね。大きすぎるというか。だけど自分なりの働き方って作っていいんですよ。
大きいものじゃなくて、自分の生活にマッチするビジネスの作り方ってすごい大事で、特に女性の場合。
男の人だと100%そこにエネルギーをかけるみたいな感じだけど、女性ってそうじゃない人が多くて、副業でやりたかったりする人も多いし。
例えばOLさんが資格をとって、じゃあ副業から始めようという人は、副業なりのビジネスの大きさじゃないとできないですよね。そこで本業でやっているビジネスの先生にいっちゃうと目指しているところが大きすぎちゃうんですよね。
主婦で旦那の転勤があるという人とか、いろんなケースがあってビジネスに100%エネルギーを使える女性って少ないんですよね。
独身だったら結婚して子供をうんだら仕事はしなくなるかな、とか。主婦でセラピーの仕事をしたいけど、やっぱり家族を優先したいとか。
そういう人に対して、自分なりの目指すスタイル、「自分はこういう風に働いていきたい!」と見つけていけるコーチングをしていきます。
「よし、この形ならできる」というやり方を見つけて、あとは行動するだけ、という状態まで持っていきます。

原子 じゃあビジネスで稼ぐ!という意識よりも、自分に合ったバランスを一緒に見つけて行って、何を行動すればいいかというのを引き出していくというコーチングなんですね。


Q 奈美さんにとって今の活動の原動力って何ですか?

奈美 綺麗な言い方になっちゃうけど、人生は自分を愛さなきゃ始まらないってことですかね。私がやっていることの全部の基本だと思います。
他人の世話ばかりしていないで、自分を大事にすることが結局みんなの幸せにつながるということ。
セラピストがせっかくスキルを身に着けても、自分自身が何を望んでいるかが分からないでビジネスをやろうとすると辛いですよね。
自分がどういう生き方をしたいか、自分がどういう働き方をしたいか、自分の望みを大事にしていくということですね。

原子 自分を愛さなきゃ始まらないって思うようになったのって何かキッカケがあるんですか?

奈美 私自身ずっと自分がダメだなと思っていて、心の勉強をしていく内に、自分の感情ってあっていいんだな。自分の感情って大事なんだなということが分かってきたんです。その感覚が分からないと、自分が何をしていいかも分からないし、他人の心も分からない。
だから自分の心って、自分にとっての真実なんだというのを、サロンに来てくれるお客様にも知ってほしいと思ったし、セラピストとして仕事をしていきたい人にも、自分の感覚を自分で分かって尊重してほしいですね。


Q これを読んでいる人に伝えたいことって何かありますか?

奈美 人間も自然の一部ということを考えると人生ってすごい楽になるということですね。
怒りとか嫉妬とか欲望とか恥ずかしいような感情とか、そういうものって元々備わっている動物的な部分で、そういうのがあるといけないって教わっちゃうんですけど、自然って考えるとそういうのって悪くないですよね。動物ってみんなそうだし。
エゴが悪いように言われるけど、動物が生き残るためにエゴがないといけないですよね。自分が生き残りたいって本能で普通にあるんです。
だから人に対して怒って守ろうとするとか、自分の方が良くなりたいとか、自然だし自分の遺伝子を残したいわけですから、自然は全部そういう風に私たちを作っているんですよね。
だからそういうことで子供を怒っちゃいけないんですよ。悪くないんですね。
みんなで仲良く暮らすために、どういう風にあるものを折り合いをつけていくのかというのを教えていくのが教育であって、自然に備わっているものを否定するのが教育ではない。自然の神様がそういう風に私たちを作ったんですよ。それを思い出してほしい。

原子 動物として持つ本能的な感情を、受け入れていくみたいな感じですか

奈美 そうですね。否定しないでただある。良いも悪いもなくて、そういうのを否定する教育だと、人間が生きにくくなっちゃいますよね。
一つ例を出すと子供を育てていて、友達のおもちゃを取っちゃう子がいるんですよね。その子がすごい怒られるんですよ。「ごめんなさいって言いなさい」とか。
でも、その子は欲しくて自分のものにしたいって自然の欲求なので、怒られることではないんですね。本当はね。
だから「欲しかったんだね」って、別に欲しい気持ちが悪いわけでないので。
その子がまだ小さいから、相手も同じように欲しいことを思いやるということを知らないだけなんですよ。他の人のものを取ることが悪いんではなく、相手も欲しいんだからどうしたら仲良くできるかというのを教えていくのが教育なんです。

原子 動物として、自然の一部として生きているという意識を持つというところが、子供に対する働きかけとかも変わるのかなと思ったんですが。

奈美 そうですね。それを理解していると、子育ての考え方が変わると思いますね。子供って自分のものじゃないんですよね。自然が作ったものだから。神様から預かっているんですね。
だから自分のものみたいに所有欲でコントロールしたらダメなんですね。
私は自然のことを全部神と思うんですけど、それが私にとってのスピリチュアルなんですね。

原子 グラウンディング感のあるスピリチュアル感ですね。

奈美 人間は地球に育てられていますからね。



Q 最後にメッセージをお願いします。

奈美 セラピストさんで、スキルは身に着けたけれども、どうやって仕事をしていったらいいか分からない。進まない人は自分の感覚、どういう風に働きたいかをまずイメージしていくのが先です。
ブログとかパンフレットを作るというのは後ですね。
こういう形でやっていきたい、自分がこうなりたい、と思わないと進まないので、そこから一緒に作っていくお手伝いをします。
サロンにきてくれる方がいらっしゃったら、いろんな悩みがあると思うんですけど、ご家族とか子供とか、自分自身でもそうですけど、どんな悩みでも自分の悩みに対する視点を変えて、自分がどう対処していくかを変えていくだけで、ほとんどの問題が乗り越えていくことができます。
解決するのではなく自分で対処ができるようになるので、自分が変わる方法というのが必ずあるので、それを見つけていただけたらと思います。






バナースペース

NPOこころえ

〒421-3103
静岡県静岡市清水区由比639-1

TEL&FAX 054-375-3359
お問い合せはメールフォームから
お願いします。